教会学校

●神さまに大切にされているんだ~キャンプで感じたこと

2018年7月27日(金)~28日(土)

訪問先:鷲野さんの畑

宿泊場所:桑名教会

子どもたちもCSスタッフもとっても楽しみにしていた夏のキャンプ。

今年のキャンプのテーマは、「神さまのみわざをからだで感じる~みんなと一緒に~」。5歳から小学6年生まで9名の子どもたちと一緒に1泊2日、いろんなプログラムを通して、神さまのみわざ、恵み、愛に触れ、感じる時間を過ごしました。

1日目。教会に10:00に集合。

開会礼拝では、与えられた聖書のみ言葉「マタイによる6章27~32節」、そして辻牧師のお話を聞きました。そして、キャンプ中にみんなで覚えようと、子ども讃美歌113「こすずめもくじらも」をうたいました。

そのあと、鷲野さんの畑に出発。畑に到着すると、双子の鷲野嘉博さんと嘉尚さん、お母さん、妹さんとあかちゃん、ワンちゃん(犬)がお出迎え。みんなで挨拶をして、鷲野さんがどのように作物を育んでいるのか、どのように畑を大切にしているのか、など説明を聞きました。「畑の土も水も、トマトもナスも、田んぼも、稲もみんな神さまが与えてくださったもの。だから汚さないように、大切に育てているんだ。みんなとの約束は畑を大切にすること、だよ」。

そして、畑へ・・・。びっくりするほど大きいナス、ピッカピカのピーマン、トマトをみんなでもぎ取りました。

教会に戻り、教会員の皆さんが用意してくださった昼食をいただきました。

その後、畑での体験のふりかえり。辻牧師作成のワークシートに、採れた野菜、咲いていた花、見つけた虫や鳥を書き込みます。ナス、ピーマン、トマト、ヒルガオ、ナスの花、トンボ、テントウムシ、アリ、カメムシ、ショウリョウバッタ、アメンボ、ハチ、タニシ、カラス、名前のわからないトリ、そして鷲野さんへのメッセージを書きました。

・トマトとかピーマンとかナスとかいろんなえいようのごはんをそだててくれてありがとうございます。
・とても自然を大切に思い、とてもすてきな畑に、とてもすてきな野菜をとらせいていただけたのでうれしかったです。
・ナスビを初めてとってとてもうれしいです。しんせんな野菜をありがとうございました。
・今日は畑でしゅうかくさしてもらってありがとうございました。これからもお仕事がんばってください。
・畑は楽しかったです。ぼくはトマトをいっぱいとりました。ありがとうございました。
・わしのさんの畑はとてもやさいがきれいでつやつやでした。これからもやさいをたいせつにします。
・きょう、はたけにいかせてありがとう。

バーベキューの準備をスタート。畑でとってきたナス、ピーマンやいただいた野菜を切ったり、鷲野さんの田んぼのお米のおにぎりをつくったり(焼きおにぎりに!)。トマトは氷水で冷やしてそのままでいただきます。教会の駐車場でのバーベキューは初めて。教会員のみなさんが暑い中、準備などをしてくださいました。

そして、なんと鷲野さんも飛び入り参加(!)してくれました。「おいしい!」。みんな満面の笑顔です。

満腹になり汗まみれになった子どもたちは、毎年恒例のお風呂にでかけました。

就寝前には「お祈りの時間」をもちました。子どもたち、初めてCSのプログラムに参加してくださった塩津さん、みんなで心静かに神さまにお祈りを捧げました。

2日目。これも毎年恒例!ラヂオ体操。

辻牧師と元教員の西澤リーダーのキレのある体操をお手本にみんな頑張ります。早天礼拝を行い、みんなで用意した朝食をいただきました。

キャンプの最後のプログラム。キャンプ中撮影した写真をスライドショーにし、みんなでふりかえります。「キャンプどうだった?」「神さまのみわざって?」と投げかけると、子どもたちは感じたことを、それぞれに言葉や絵で表現します。

・焼き肉、サンドイッチ、おふろ、パン、ねること全てが神さまのみわざなんだと思いました。神さまがいなかったとしたらぼくはどうなっているんだろう。

・神さまがどんだけたいせつかがわかりました。どんなことがわかったかというとぼくたちを神さまが大事にしてることがわかりました。

・このちきゅうをつくってくれてありがとう

・やきにくもおふろのおゆやここのしせつもすべて神さまの力や他の人の協力でつくられたということを忘れずにこれからもすごしたい。

・命をまもってもらっている、じゃまな人なんていないから、さべつきんし!

・かみさまぼくたちをまもってくれてありがとう

昼食はマナの会のみなさんが準備をしてくださった「チラシそうめん」。

そして、みんなでキャンプの感想を伝えます。「バーベキューをやりたいと言ったけど、まさか本当にやってくれるとは思いませんでした」。

神さまが作られた大地や水・畑・作物に触れ、調理して食し、礼拝やお祈りの時間を共に持ち、夜をともにし、語り合い、教会員のみなさんといろんな話をした子どもたち。キャンプでの体験が子どもたちの感性や心に響き、神さまを信じて日々を過ごすことができるよう願いながら、今年のキャンプを終えることができました。「子どもたちから気づかされことがたくさんあった」。初めて参加したCSスタッフのコメントです。

感謝でいっぱいです。

 

●鷲野さんの畑は どんな畑かな。

今年のキャンプの目玉は、畑にでかけて、夏の野菜をもぎとり、調理をして、バーベキューをして、おいしくいただくこと…。神さまがあたえてくださった光、土、水…。それらに育まれている野菜やお米、私たちの命…。みんなで体験して感じます。そして、今回畑での作業をこころよく引きうけくださった農家の鷲野さん。鷲野さんは神さまが作られたものを大切にしている農家さんです。鷲野さんの畑や田んぼは、土も水も空気も、生きものや私たちの命も、大切にしています。たのしみだね。おじゃましたときに、トマトをもぎっていただきました。「おいしかった!」。当日はなにがあるかな、おたのしみ…。アオガエルがぴょんぴょんいたよ!

鷲野さんの田畑からは多度山がよくみえます。揖斐川がすぐ横を流れています。教会から車で20分くら
い…。

鷲野さんと辻牧師。「田んぼや畑を大切にしてくれたらなにしてもいいよ」って鷲野さん。

●素敵な花束に囲まれて

~「花の日」「こどもの日」、大人のみなさんと一緒に礼拝を守りました。

2018年6月10日(日)10:20~11:15 愛餐会11:15~12:00

6月の第2日曜日は花の日、こどもの日。

イエスさまはこどもが大好き。ひとりの人間として祝福し、大切に愛しました。花の日、こどもの日は、教会に花をかざり、こどもたちを祝福し、礼拝後にこどもたちが病院や施設に花を届けます。

桑名教会では、お花を飾り、こどもと大人が一緒に礼拝を守り、こどもたちが教会のご高齢の方に、教会員がこどもたちにお花をプレゼントし、共に昼食をいだたきました。

今日のお話は「心のとびらが開かれる」。イエスさまとレギオンさんの物語です。こどもたちは辻牧師が準備をした「イエスさまとレギオンさんの様子」の絵とお話から、神さま、イエスさまの憐み、愛に触れ、レギオンさんの心の変化をじっと聞いていました。そして、みんなで元気に讃美歌をうたいました。

礼拝後、花束のプレゼント。まずは、こどもたちの自己紹介から。今日はあかちゃんから中学1年生まで6人のこどもたちが来てくれました。そして、こどもたちからご高齢の方に、教会員からこどもたちに、手づくりカードと花束が渡されました。花束も教会員の手づくりです!

その後のお食事会では、教会員が愛情をたっぷり込めて作ったカレーライスと杏仁豆腐をいただきました。「とってもおいしい!」「おかわりある?」。おしゃべりをしながらの温かい食事会。「もう少し遅くなるってお母さんに電話する!」という子どもたち。

いつもの礼拝では、なかなか会うことがないこどもたちと大人ですが、教会にはいろんな人たちが来ていて「みんなのお家みたい」って話しました。

「こどもたちにとって、全ての人にとっても、温かくなれる教会でありたい」って強く感じました。

<お知らせ>

7月はキャンプです!スタッフはどんなことをしようかとあれこれ考え中!

こどもたちの「バーベキューをしてね」というリクエストには応えなくては…。でも「教会学校らしいバーベキューにしたいな」と思っています。お楽しみに!7月27日(金)~28日(土)、桑名教会で一泊します。お出かけ先は検討中です。

●北勢線にのって遠足に!笑顔いっぱいの1日でした。

2018年5月19日(土)9:30~15:30

みんながとっても楽しみにしていた遠足。

お天気が心配でしたが、当日の朝雨があがり、風はとっても強かったのですが、青空のもと子どもたちの笑顔あふれる遠足になりました。

出かけた場所は、東員町の中部公園。

教会に9:30集合。讃美歌とお祈りを共にしたあと、西桑名駅まで歩き、小さな小さな電車に乗って8駅先の東員駅まで。強い向かい風のなか中部公園まで歩きました。

長い長いすべり台、ターザンロープなど遊具を満喫し、芝生広場で「だるまさんがころんだ」「おにごっこ」、そして子どもたちお気に入りの健康遊具など思い切り楽しみました。お昼のお弁当の時間では、おかずやおやつのかえっこTIMEも…。帰りにはポニーにも出会いました。

久しぶりに会った子、初めて会った子、最初はもじもじしていた子どもたちですが、手をつないで走り、おしゃべりをしながら、5歳から小6までの子どもたちがどんどん仲良くなっていきました。

教会に戻ってからはおやつTIMEとふりかえりの会。「楽しかった!」「また行きたい!」「キャンプが楽しみ!」「礼拝にいくよ!」とみんなの声…。とっても嬉しかった。

今年の遠足のテーマは「青空のもとではしりまわろう」。

青い空、透き通った空気、新緑の木々や草…。すべて神さまが作られた大切なもの。

こどもたちはそんな空間で、飛びまわり、はしりまわり、生き生きと過ごしていました。

そして、子どもたちの優しい心がまぶしかった…。

神さま、ありがとうございます。こんな素敵な時間を持つことができて…。子どもたちの毎日が穏やかで優しい時間となりますように…。

<お知らせ>

6月10日(土)は花の日・こどもの日です。大人と一緒の礼拝です。お昼ごはんも一緒にいただきます。楽しみにしてね。

●今日は母の日…みんなでプレゼントをつくりました!

2018年5月13日(日)

今日のこども礼拝のテーマは「神様の家族」。

辻先生から「教会学校の子どもたちも牧師、スタッフもみんな神様の家族。神様に守られているんだよ」と、お話を聞きました。そして今日は母の日です。母の日がキリスト教から始まったことも辻先生が伝えてくださいました。

礼拝のあとは、お母さんへのプレゼントづくり。

今年は、スイートポテトとカードを手づくりしました。

世界に一つしかない、お母さんへの思いを込めたプレゼント、そして子どもたちの素敵なメッセージ…。

5歳から高校生まで8名の子どもたちが集まりました。

神さま、イエスさまにお祈りをささげて、母の日プログラムを終えました。

<お知らせ>

5月19日(土)は遠足です。みんなで北勢線にのって東員町の中部公園に行きます!何をするかはお楽しみ!