教会学校

収穫感謝の礼拝~「つながっているよ」

日時:2018年11月25日(日)9:00~9:50
場所:桑名教会

お米、アワ、大豆。虫に食われた白菜、ピーマン、ニンジン。さつまいもに青菜。リンゴ、ミカン、ゆず、レモン・・・。たくさんの作物を神様に捧げました。
収穫感謝は、こんなにたくさんの作物が育つ大地、水、光、そして人々を与えてくださった神様に「ありがとう」を伝える日。辻先生からは、愛農学園に行ってきたこと(農園の風景や豚さん牛さん、畑の写真を見ながら)や、アメリカ大陸にやってきた開拓民とネイティブアメリカンのお話を聞きました。「もともとその地にあるものしか育たない。ネイティブの人が開拓民に教えたんだよ。」と辻先生。
日々の暮らしのなかで、「買う」という行為でほとんどの食べ物を得ているけれど、育てる環境、育てる人々を想像して「みんなつながっていること」を大切にしなくちゃいけない。そして、神様からたくさんの栄養をいただいて、「神様とつながって」私たちは元気に育っていることを覚えていてね。辻先生のメッセージです。分級は、ハンドベルの練習をちょっとだけして、みんなに焼きいもと稲穂をプレゼントして、お祈りをして終えました。
・今週はちょっぴり大忙しのCSスタッフでした。

みんなでアドベントクッキーをつくりました。

日時:2018年11月24日(土)9:00~12:00
場所:桑名教会 キッチン・多目的室

もうすぐ12月がやってくる。クリスマスが近づいてくる。
今年のCSでは、ハンドベル演奏をすることはお伝えしましたが、もう一つ!12月2日の礼拝からクリスマスツリーにクッキー入りの靴下を飾り、CSに来てくれた子どもたちプレゼントする「アドベントクッキー」を行います。そして、なんと!そのクッキーは、CSの子どもたちの手づくり!こどもたちが「クッキーつくりたい!」と始まった企画です。当日は6名の子どもたちが集まり、親子、CSスタッフも一緒に型をとって、飾りをつけて、焼いて、アイシング。とっても美味しそうなクッキーです。12月2日までおあずけだけど、少し焦げたクッキーを味見でいただきました。「おいしい!」
神様、こんな時間を与えてくださってありがとうございます。こどもたちと一緒に、イエス様のお誕生をまっています。

大地に生きる人に出会った~愛農学園高等学校・鷲野さんの畑にて

日にち:2018年11月23日(祝)
場所:愛農学園農業高等学校・鷲野さんの畑

11月25日(日)は収穫感謝の日。
CSスタッフは、前々から訪れたかった愛農学園に出かけ、愛農学園の高校生が育てている乳牛、豚、ニワトリ、ヤギ、そして野菜に出会いました。有機農法で作られている農作物。できるだけ学園の中で資源が循環するようにと飼料づくりも高校生が担い、土をとても大切にしています。「いのちを育み、いのちを繋ぐ 日本で一番小さな農業高校」をメッセージに、神・人・土を愛する学園です。愛農高校の教育は、キリストの愛を基に農業を通して隣人を愛し、平和な未来を願う人を育む教育を行っています。
神様は与えてくださった大地。大地を大切にして作物などを育てている高校生や教員のみなさん。
今年の桑名教会の収穫感謝の礼拝は、その大切な作物を神様にささげます。
そして、夏にお世話になった鷲野さんの畑にもうかがいました。冬の野菜をたくさんいただきました。心から感謝です。

イエスさまにむかって歩こう!~こども祝福合同礼拝  

日時:20181110日(日)10:20~
場所:桑名教会
今日はこども祝福合同礼拝。CSのこどもたちが大人の礼拝に出席し、共に祈り、讃美歌を歌い、聖書を読み、辻牧師のお話を聞きました。「大地を踏みしめて」という題のお話。神さまが洗礼者ヨハネを人々におくり、人々の凸凹の大地、心を平らにしたこと、その大地を踏みしめて、まっすぐな心でイエスさまに向かうことができるようになったこと、が話されました。神さまがヨハネやイエスさまを私たちにプレゼントしてくれたことを感謝し、祈りました。

こども祝福式では、辻牧師が子どもたちの頭に手をおき、祝福し・・・。そのあと、キャンディレイを首に飾りました。

待ちに待った昼食は、教会員の皆さんの手づくりカレーと杏仁豆腐。お代わりする子どもたちも。
みんなで一緒に食事をするって楽しいし、嬉しい!
この時間、場を与えてくださった神さまに感謝し祈り、食事会を終えました。
こどもたちに、「クリスマスの向けての準備を始めるよ」って伝えると、こどもたちから「わかった!」と。
CSスタッフは満面の笑顔、喜びいっぱいになりました。

<お知らせ>

1124日(土)9:00~ 桑名教会のキッチンで、クリスマスクッキーづくりをしますよ!

こどもたち、若者、教会学校のスタッフ…こんなに集まった!〜中部地区「青年のつどい」

日時:2018年10月14日(日)15:00〜18:00

場所:阿漕教会

教会学校のこどもたちやスタッフ、若者のが交流する中部地区主催 「青年のつどい」が行われました。桑名教会からは辻牧師と今年度からCSをサポートしてくださっている塩津さんが参加。教会学校や、教会での若者の活動などの情報交流をしてきました。

開催礼拝。紀伊長島教会の富山牧師から「心のきよい人は幸いである」というテーマでお話を聞きました。富山先生のお話しから、自ら「私は心が清い」と言える人はけっして多くはないですが、失敗したり誘惑に負けたりするなかでも一途に信仰を続けることで神さまのみ前に進み出て、そしてその先に神様のみ姿を見ることができる、そんなことを学び気づきました。みんなで「まぶねのなかに」と「主われを愛す」を賛美しました。その後は自己紹介。出身教会と名前、そしてお互いを呼びやすいようにニックネームを決めました。辻先生は「つ~じ~」(だったかな?)、塩津さんは「ず~さん」(笑)です。そして、昨年開催した「中高生バイブルキャンプ」の様子の上映が行われました。今年度は2019年3月26〜28日に石川県小松市の「大杉みどりの里」で開催されます!

お待ちかねのバーベキューでは、お肉はもちろん、野菜や焼きおにぎり、美味しく、楽しくいただきました。最後はバーベキューの定番?焼きそばでフィナーレ! でした。中部地区の教会、教会学校に連なる子どもたちや若い世代と出会い、礼拝を守り、共に食し、神さまに感謝する時を持つ。とてもステキな1日でした。

今後のスケジュール

※詳細時間等はまたお知らせしますね。

☆毎週日曜日9:00~9:30までこどもの礼拝を行います。9:30~9:50までは分級(クリスマスの準備等)を行います。

☆10月の予定

10月14日(日)中部教区「青年のつどい」阿漕教会で行います。BBQとか賛美とか。

10月28日(日)13:00~15:00 賛美礼拝「すべての人々に喜びと希望を 讃美歌とともに」

☆11月の予定

11月11日(日)こども祝福礼拝

11月24日(土)クリスマスクッキーづくり

11月25日(日)収穫祭・クリスマスクッキングアイシング・ラッピング

11月30日(金)クリスマスクランツづくり

☆12月の予定

12月16日(日)クリスマスコンサート

12月22日(土)こどものクリスマス会

12月23日(日)クリスマス礼拝

12月24日(月・祝日)クリスマスイブの礼拝

今年はなんと!ハンドベル…。CS分級活動レポート

日時:2018年9月30日(日)

場所:桑名教会

今年のCSは、なんとクリスマスに、「ハンドベル演奏」とクリスマスツリーを飾る「クッキーづくり」をすることになりました。ワクワク、ドキドキ…みんなの瞳が輝きます。

<ハンドベル…素敵な音色>

さっそく今週からハンドベルの練習を始めました。教会員の宮林さんが作ってくださった楽譜をみながら、桑名教会CS出身の坂本千尋さんの指揮のもと、なんとかなんとか・・・、讃美歌を1曲奏でることができました。12月まで猛特訓!いやいや楽しくレッスン!5歳から中1まで、こどももおとなも一緒に楽しくイエスさま誕生のお祝いの「うれしさ」を音にします。みなさん、お楽しみに。そして、「私もやってみたい!」というみんなの参加をお待ちしています。

<クリスマスツリーに手づくりクッキーを…>

もう一つは、アドベントにツリーに飾る「クリスマスクッキー」をつくります。どんな形にしようかな、ヒツジ、星、ハート、くつした、スノーマン・・・。みんなのアイデアがあふれます。どんなアイシングにしようかな…。どういうふうにラッピングしようかな。世界に一つしかない、みんなのオリジナルクッキーです。「クッキーづくりDAY」は11月末になりそう…。参加してね。

聖句書道にチャレンジ!CS分級活動レポート

日時:2018年8月19日(日)

場所:桑名教会

先週の教会学校の礼拝を終えたあと、中学生にクラブ活動は何してるの?と聞いてみました。「書道部です!」と返事がありました。そこで今週の分級では「聖句書道」にチャレンジ。

辻牧師は「文字は心を込めて書けば、下手も上手もないよ。ひとりひとりの個性が文字に現れているのだから」と話し、みんなそれぞれ、お気に入りのみ言葉を筆ペンで書きました。聖句をすらすらと書いていく高校生、中学生。みんな上手、達筆です!自分が大切にしているみ言葉を、聖句書道を通して感じあう時間となりました。礼拝後の分級は、聖書のみ言葉やお話、子どもたちの日々の暮らしを通して、共感、共有しあえる時間にしたいと思っています。

神さまに大切にされているんだ~キャンプで感じたこと

2018年7月27日(金)~28日(土)

訪問先:鷲野さんの畑

宿泊場所:桑名教会

子どもたちもCSスタッフもとっても楽しみにしていた夏のキャンプ。

今年のキャンプのテーマは、「神さまのみわざをからだで感じる~みんなと一緒に~」。5歳から小学6年生まで9名の子どもたちと一緒に1泊2日、いろんなプログラムを通して、神さまのみわざ、恵み、愛に触れ、感じる時間を過ごしました。

1日目。教会に10:00に集合。

開会礼拝では、与えられた聖書のみ言葉「マタイによる6章27~32節」、そして辻牧師のお話を聞きました。そして、キャンプ中にみんなで覚えようと、子ども讃美歌113「こすずめもくじらも」をうたいました。

そのあと、鷲野さんの畑に出発。畑に到着すると、双子の鷲野嘉博さんと嘉尚さん、お母さん、妹さんとあかちゃん、ワンちゃん(犬)がお出迎え。みんなで挨拶をして、鷲野さんがどのように作物を育んでいるのか、どのように畑を大切にしているのか、など説明を聞きました。「畑の土も水も、トマトもナスも、田んぼも、稲もみんな神さまが与えてくださったもの。だから汚さないように、大切に育てているんだ。みんなとの約束は畑を大切にすること、だよ」。

そして、畑へ・・・。びっくりするほど大きいナス、ピッカピカのピーマン、トマトをみんなでもぎ取りました。

教会に戻り、教会員の皆さんが用意してくださった昼食をいただきました。

その後、畑での体験のふりかえり。辻牧師作成のワークシートに、採れた野菜、咲いていた花、見つけた虫や鳥を書き込みます。ナス、ピーマン、トマト、ヒルガオ、ナスの花、トンボ、テントウムシ、アリ、カメムシ、ショウリョウバッタ、アメンボ、ハチ、タニシ、カラス、名前のわからないトリ、そして鷲野さんへのメッセージを書きました。

・トマトとかピーマンとかナスとかいろんなえいようのごはんをそだててくれてありがとうございます。
・とても自然を大切に思い、とてもすてきな畑に、とてもすてきな野菜をとらせいていただけたのでうれしかったです。
・ナスビを初めてとってとてもうれしいです。しんせんな野菜をありがとうございました。
・今日は畑でしゅうかくさしてもらってありがとうございました。これからもお仕事がんばってください。
・畑は楽しかったです。ぼくはトマトをいっぱいとりました。ありがとうございました。
・わしのさんの畑はとてもやさいがきれいでつやつやでした。これからもやさいをたいせつにします。
・きょう、はたけにいかせてありがとう。

バーベキューの準備をスタート。畑でとってきたナス、ピーマンやいただいた野菜を切ったり、鷲野さんの田んぼのお米のおにぎりをつくったり(焼きおにぎりに!)。トマトは氷水で冷やしてそのままでいただきます。教会の駐車場でのバーベキューは初めて。教会員のみなさんが暑い中、準備などをしてくださいました。

そして、なんと鷲野さんも飛び入り参加(!)してくれました。「おいしい!」。みんな満面の笑顔です。

満腹になり汗まみれになった子どもたちは、毎年恒例のお風呂にでかけました。

就寝前には「お祈りの時間」をもちました。子どもたち、初めてCSのプログラムに参加してくださった塩津さん、みんなで心静かに神さまにお祈りを捧げました。

2日目。これも毎年恒例!ラヂオ体操。

辻牧師と元教員の西澤リーダーのキレのある体操をお手本にみんな頑張ります。早天礼拝を行い、みんなで用意した朝食をいただきました。

キャンプの最後のプログラム。キャンプ中撮影した写真をスライドショーにし、みんなでふりかえります。「キャンプどうだった?」「神さまのみわざって?」と投げかけると、子どもたちは感じたことを、それぞれに言葉や絵で表現します。

・焼き肉、サンドイッチ、おふろ、パン、ねること全てが神さまのみわざなんだと思いました。神さまがいなかったとしたらぼくはどうなっているんだろう。

・神さまがどんだけたいせつかがわかりました。どんなことがわかったかというとぼくたちを神さまが大事にしてることがわかりました。

・このちきゅうをつくってくれてありがとう

・やきにくもおふろのおゆやここのしせつもすべて神さまの力や他の人の協力でつくられたということを忘れずにこれからもすごしたい。

・命をまもってもらっている、じゃまな人なんていないから、さべつきんし!

・かみさまぼくたちをまもってくれてありがとう

昼食はマナの会のみなさんが準備をしてくださった「チラシそうめん」。

そして、みんなでキャンプの感想を伝えます。「バーベキューをやりたいと言ったけど、まさか本当にやってくれるとは思いませんでした」。

神さまが作られた大地や水・畑・作物に触れ、調理して食し、礼拝やお祈りの時間を共に持ち、夜をともにし、語り合い、教会員のみなさんといろんな話をした子どもたち。キャンプでの体験が子どもたちの感性や心に響き、神さまを信じて日々を過ごすことができるよう願いながら、今年のキャンプを終えることができました。「子どもたちから気づかされことがたくさんあった」。初めて参加したCSスタッフのコメントです。

感謝でいっぱいです。

 

●鷲野さんの畑は どんな畑かな。

今年のキャンプの目玉は、畑にでかけて、夏の野菜をもぎとり、調理をして、バーベキューをして、おいしくいただくこと…。神さまがあたえてくださった光、土、水…。それらに育まれている野菜やお米、私たちの命…。みんなで体験して感じます。そして、今回畑での作業をこころよく引きうけくださった農家の鷲野さん。鷲野さんは神さまが作られたものを大切にしている農家さんです。鷲野さんの畑や田んぼは、土も水も空気も、生きものや私たちの命も、大切にしています。たのしみだね。おじゃましたときに、トマトをもぎっていただきました。「おいしかった!」。当日はなにがあるかな、おたのしみ…。アオガエルがぴょんぴょんいたよ!

鷲野さんの田畑からは多度山がよくみえます。揖斐川がすぐ横を流れています。教会から車で20分くら
い…。

鷲野さんと辻牧師。「田んぼや畑を大切にしてくれたらなにしてもいいよ」って鷲野さん。

●素敵な花束に囲まれて

~「花の日」「こどもの日」、大人のみなさんと一緒に礼拝を守りました。

2018年6月10日(日)10:20~11:15 愛餐会11:15~12:00

6月の第2日曜日は花の日、こどもの日。

イエスさまはこどもが大好き。ひとりの人間として祝福し、大切に愛しました。花の日、こどもの日は、教会に花をかざり、こどもたちを祝福し、礼拝後にこどもたちが病院や施設に花を届けます。

桑名教会では、お花を飾り、こどもと大人が一緒に礼拝を守り、こどもたちが教会のご高齢の方に、教会員がこどもたちにお花をプレゼントし、共に昼食をいだたきました。

今日のお話は「心のとびらが開かれる」。イエスさまとレギオンさんの物語です。こどもたちは辻牧師が準備をした「イエスさまとレギオンさんの様子」の絵とお話から、神さま、イエスさまの憐み、愛に触れ、レギオンさんの心の変化をじっと聞いていました。そして、みんなで元気に讃美歌をうたいました。

礼拝後、花束のプレゼント。まずは、こどもたちの自己紹介から。今日はあかちゃんから中学1年生まで6人のこどもたちが来てくれました。そして、こどもたちからご高齢の方に、教会員からこどもたちに、手づくりカードと花束が渡されました。花束も教会員の手づくりです!

その後のお食事会では、教会員が愛情をたっぷり込めて作ったカレーライスと杏仁豆腐をいただきました。「とってもおいしい!」「おかわりある?」。おしゃべりをしながらの温かい食事会。「もう少し遅くなるってお母さんに電話する!」という子どもたち。

いつもの礼拝では、なかなか会うことがないこどもたちと大人ですが、教会にはいろんな人たちが来ていて「みんなのお家みたい」って話しました。

「こどもたちにとって、全ての人にとっても、温かくなれる教会でありたい」って強く感じました。

<お知らせ>

7月はキャンプです!スタッフはどんなことをしようかとあれこれ考え中!

こどもたちの「バーベキューをしてね」というリクエストには応えなくては…。でも「教会学校らしいバーベキューにしたいな」と思っています。お楽しみに!7月27日(金)~28日(土)、桑名教会で一泊します。お出かけ先は検討中です。

●北勢線にのって遠足に!笑顔いっぱいの1日でした。

2018年5月19日(土)9:30~15:30

みんながとっても楽しみにしていた遠足。

お天気が心配でしたが、当日の朝雨があがり、風はとっても強かったのですが、青空のもと子どもたちの笑顔あふれる遠足になりました。

出かけた場所は、東員町の中部公園。

教会に9:30集合。讃美歌とお祈りを共にしたあと、西桑名駅まで歩き、小さな小さな電車に乗って8駅先の東員駅まで。強い向かい風のなか中部公園まで歩きました。

長い長いすべり台、ターザンロープなど遊具を満喫し、芝生広場で「だるまさんがころんだ」「おにごっこ」、そして子どもたちお気に入りの健康遊具など思い切り楽しみました。お昼のお弁当の時間では、おかずやおやつのかえっこTIMEも…。帰りにはポニーにも出会いました。

久しぶりに会った子、初めて会った子、最初はもじもじしていた子どもたちですが、手をつないで走り、おしゃべりをしながら、5歳から小6までの子どもたちがどんどん仲良くなっていきました。

教会に戻ってからはおやつTIMEとふりかえりの会。「楽しかった!」「また行きたい!」「キャンプが楽しみ!」「礼拝にいくよ!」とみんなの声…。とっても嬉しかった。

今年の遠足のテーマは「青空のもとではしりまわろう」。

青い空、透き通った空気、新緑の木々や草…。すべて神さまが作られた大切なもの。

こどもたちはそんな空間で、飛びまわり、はしりまわり、生き生きと過ごしていました。

そして、子どもたちの優しい心がまぶしかった…。

神さま、ありがとうございます。こんな素敵な時間を持つことができて…。子どもたちの毎日が穏やかで優しい時間となりますように…。

<お知らせ>

6月10日(土)は花の日・こどもの日です。大人と一緒の礼拝です。お昼ごはんも一緒にいただきます。楽しみにしてね。

●今日は母の日…みんなでプレゼントをつくりました!

2018年5月13日(日)

今日のこども礼拝のテーマは「神様の家族」。

辻先生から「教会学校の子どもたちも牧師、スタッフもみんな神様の家族。神様に守られているんだよ」と、お話を聞きました。そして今日は母の日です。母の日がキリスト教から始まったことも辻先生が伝えてくださいました。

礼拝のあとは、お母さんへのプレゼントづくり。

今年は、スイートポテトとカードを手づくりしました。

世界に一つしかない、お母さんへの思いを込めたプレゼント、そして子どもたちの素敵なメッセージ…。

5歳から高校生まで8名の子どもたちが集まりました。

神さま、イエスさまにお祈りをささげて、母の日プログラムを終えました。

<お知らせ>

5月19日(土)は遠足です。みんなで北勢線にのって東員町の中部公園に行きます!何をするかはお楽しみ!